スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分け2日目 UR賃貸、民間へ「JAXAi」廃止(産経新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は26日、独立行政法人を対象にした「事業仕分け第2弾」の2日目の作業を行い、14法人の計45事業を議論した。国土交通省所管の都市再生機構(UR)の都市再生関連の5事業を「縮減」、賃貸2事業は「一部民間移行」と判定した。

 URは全国で76万戸に上る賃貸事業を行っているが、約11兆円もの借金を抱えている。仕分け人らは、URから委託を受けた関連法人がさらに他の関連法人に再発注する構図が問題だと指摘し、「なぜ改善しないのか」と追及。一般競争入札の導入など、透明性と競争性の確保を求めた。

 一方、科学技術関係の6法人の23事業を集中審議した。昨年11月の仕分けでは相次ぐ削減、廃止要求に科学者が一斉に反発したが、今回は世論を意識したのか甘めの判定が目立った。

 日本学術振興会と科学技術振興機構が各種研究に配分する資金は「ガバナンス(管理体制)の強化」を要望。科学技術振興機構の競争的資金については3事業の抜本的見直しを要求した。

 理化学研究所の質疑では、研究者が秘書役のアシスタントに配偶者を雇用している実態が判明した。アシスタント97人のうち6人が研究者の配偶者で、年収はそれぞれ約600万円だという。

 JR東京駅周辺にある宇宙航空研究開発機構の広報施設「JAXAi」は、効果が見えにくいとして廃止と判定した。

【関連記事】
ニコニコ生放送、“事業仕分け”中継を会員以外にも開放
1億円?2億円? 国産航空機の維持費めぐり仕分け人が怒り
仕分け人、科学批判を封印「われわれも研究を重視」「すばらしさ分かります」
「民主党に仕分けする資格なし」内田裕也さんが再び来場
事業仕分け 理研、職員妻に月給50万円 枝野担当相「言い訳ばかり!」
「裸の王様」次に座るのは…

普天間移設 首相、現行案を否定(毎日新聞)
「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱(医療介護CBニュース)
<赤ちゃん置き去り>母親が出頭、書類送検へ 愛知・豊明(毎日新聞)
「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕-警視庁(時事通信)
日本初「子どもの村」スタート=里親と養護スタッフが1カ所に-福岡(時事通信)
スポンサーサイト

女性の上を電車通過、線路とのすき間で無事 JR東京駅(産経新聞)

 18日午後1時45分ごろ、東京都千代田区丸の内のJR京葉線東京駅の下りホームで、線路内に女性がいるのを、到着した蘇我発東京行き快速電車(10両編成)の運転士が発見。電車は女性の上を通過し、約20メートル先で停止したが、女性はレールの間に横たわっていたため車体と接触せずに無事だった。

 東京消防庁やJR東日本によると、線路と車体の間には高さ約30センチのすき間があり、女性はレールの間にあおむけに横たわっていたという。自力でホームにはい上がった女性は病院へ搬送されたが、ひじやひざに軽いけが。

 この事故で、京葉線は上下計6本が最大14分遅れ、約1400人に影響した。

【関連記事】
線路上の女性、新幹線通過もレール間で無事
中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅
危ないからダメ!線路に“珍入者”続出で鉄道関係者困惑
「とっさに体動いた」女性救出のお手柄男性に感謝状
新幹線ストップ 「ドーンと音」と目撃者
外国人地方参政権問題に一石

<シカに洋弓矢>「食パンでおびき寄せた」稲垣容疑者(毎日新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)
ダイバーに人気、天使の輪を持つ「ダンゴウオ」(産経新聞)

介護職員処遇改善交付金の恒久化を-連合会長(医療介護CBニュース)

 民主党の「国民生活研究会」(中野寛成会長)は4月16日の総会で、連合の古賀伸明会長を招き、連合の政策提言についてヒアリングし、意見交換した。古賀会長は「介護保険制度は人材不足で、崩壊の危機にある」との認識を示した上で、「時限措置である介護職員処遇改善交付金の制度と財源の恒久化が必要だ」と強調した。
 
 この日の総会は、同研究会が夏の参院選マニフェストの雇用分野での方針を固めるために開催した。昨年の衆院選マニフェストで民主党は、「介護労働者の賃金を月額4万円引き上げる」と明記している。介護報酬は、昨年度のプラス3%改定により月額9000円増加。これに加え昨年10月、1人当たり賃金を1万5000円引き上げるために介護職員処遇改善交付金の制度がスタートしたが、11年度末で終了する。  

 連合はこのほか、政策提言で医療や介護分野について、▽勤務医・看護師の不足や偏在を解消するために政府、自治体が必要医師数などを定め、適正配置への協力を義務付ける▽勤務医の働き方の改善による離職防止や潜在看護師の活用▽介護サービスにおける医療(類似)行為について議論を進め、一定条件での行為を可能にする-などを提案している。  

 古賀会長は、「私たちも参院選は、まさに政権交代の仕上げとして、全力を挙げていくことをお誓いする」と付け加え、連合の提言がマニフェストに強く反映するよう求めた。


【関連記事】
医師養成数目標の見直しで合意-民主党第二分科会
混合診療解禁などで意見交換-民主党国民生活研究会総会
医療分野の素案明らかに-民主党参院選マニフェスト
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会
介護職員の処遇改善は実現するのか―2009年重大ニュース(2)「介護報酬改定と介護職員処遇改善交付金」

増える2学期制、導入の公立小中が5年で倍(読売新聞)
<桜>造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪(毎日新聞)
市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
村本さん無言の帰国…警視庁、銃弾の傷確認(読売新聞)
地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)

密約開示判決 「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)

 沖縄返還を巡る密約文書の開示請求訴訟で勝訴した原告の一人で元毎日新聞記者の西山太吉さん(78)が10日、東京都文京区で講演し、9日の東京地裁の判決について「歴史に残る判決」と改めて評価した。

 演題は「知る権利は守られたか」。西山さんは、支援者ら約160人を前に、訴訟に至る経緯を身ぶりを交えて説明。「われわれが裁判を起こして今回の判決を導き出していなければ、外務省の外部有識者委員会による報告書が密約問題に関する唯一の解明文書となり、国民の知る権利は封殺されていただろう」と指摘した。【内藤陽】

【関連ニュース】
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委
密約:藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書
日米密約:「説明受けた」中曽根元首相、認める

<虚偽勧誘>業者に業務停止命令 東北経産局(毎日新聞)
中小電線企業も価格調整か=屋内配線カルテルで追加立ち入り-公取委(時事通信)
開星高校元教諭を再逮捕 児童ポルノ禁止法違反容疑 島根県警(産経新聞)
首相、寄付税制のマニフェスト盛り込みに前向き(産経新聞)
<お父さん犬>名誉駅長に 福井鉄道・北府駅(毎日新聞)

北九州の社長遺体遺棄、容疑の元従業員逮捕(読売新聞)

 北九州市小倉南区の白石鉄工社長白石正人さん(70)(北九州市小倉北区井堀4)が殺害され、遺体て見つかった事件で、福岡県警は3日午前1時すぎ、同市八幡東区日の出2、元同社従業員宮尾孝行容疑者(44)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 発表によると、宮尾容疑者は3月30日午前11時半頃、同社事務所から約80メートル離れた資材置き場の鉄製コンテナ(縦約2・1メートル、横約1・5メートル、奥行き約2メートル)内で、白石さんの遺体にシンナーのような可燃性の液体をかけて火を付け、背中などを焼いたうえでコンテナの扉を南京錠で施錠、遺体を遺棄した疑い。容疑を認めているという。

 白石さんは、頭部を鈍器のようなもので繰り返し殴られて脳挫傷で死亡していた。宮尾容疑者は白石さん殺害についてもほのめかしており、殺人容疑でも追及する。

海王丸 咸臨丸の航路たどる…サンフランシスコに向け出航(毎日新聞)
「茨城美少女図鑑」第2弾、モデルが配ってPR(読売新聞)
<傷害>別の患者骨折容疑で元看護師を再逮捕へ…兵庫県警(毎日新聞)
日照最少、そしてときどき雪ドガッ 東北・3月(河北新報)
児童の性的虐待、実父が最多…発見より難しく(産経新聞)

<鳩山首相>農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日、首相官邸に一般の国民を招いて対話する「リアル鳩カフェ」を開いた。レストラン経営者や農業者ら9人が参加。出席者が持ち込んだ豚肉や野菜を使い、首相官邸の庭でバーベキューを楽しんだ。首相は「政治家を辞めたら、農家をやりたい」と語り掛け、参加者の苦労話に耳を傾けた。

 リアル鳩カフェは2回目。参加者は農業政策について「良いものを作ろうとすればするほど、補助金から遠ざかる」と述べ、生産者側の自主性が尊重されない現状を批判。首相は「地域の主要作物に対して、戸別(所得)補償を必ずやる」と強調した。

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢幹事長、稲盛氏と会食 政権運営など協議か
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示
鳩山首相:参院選「2人当選に全力」
普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相

月内にも新党結成の意向=5人確保に自信-平沼氏(時事通信)
6大臣との面談実現せず「大変遺憾」―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)
邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で(産経新聞)
男子バレー部の監督、部員にわいせつ行為 奈良の県立高(産経新聞)
陸自隊員が飲酒当て逃げ=道交法違反容疑で逮捕-山口県警(時事通信)

福岡県知事、減給50%処分へ…町村会接待(読売新聞)

 福岡県町村会による前副知事・中島孝之被告(68)(収賄罪で起訴)ら県幹部への接待問題で、麻生渡知事は自らに対する処分として減給50%、6か月とする方針を固めた。

 県議会最終日の26日に関連条例案を提出し、可決されれば4月分の給料から適用する。

 知事は中島被告を副知事に抜てきし、10年余りにわたり、ともに県政運営にあたってきた。県議会からは知事の任命・監督責任を問う声が上がっており、厳しい処分が必要だと判断した。知事の給料は月額135万円。今回の処分により、計405万円が削減される。

 県の職員倫理調査委員会は10日、中島被告ら退職者2人と現役幹部職員3人の計5人が長年、飲食や旅行など接待を受けていたとの調査結果をまとめた。職員3人について知事は近く降格人事などを決める方針。

 26日の県議会には、副知事の規範を定めた倫理条例案、中島被告の後任の副知事人事案も提出される。

 条例案には、副知事が規範に違反した場合、退職後でも調査委員会に呼ぶことができると明記する。後任の副知事人事について、知事は25日、県庁内で記者団に対し、「私には(候補が)2人いる」と述べ、最終の絞り込み作業を進めていることを明らかにした。

<生きる>募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
<学生将棋選手権>早稲田大Aが優勝…団体戦(毎日新聞)
名古屋大 4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)
東京都副知事に吉川、村山両氏(時事通信)
<JR東トラブル>情報通信用ケーブル切断が原因(毎日新聞)
プロフィール

わたなべけんいちさん

Author:わたなべけんいちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。